本文へジャンプ

事業承継

経営者の相続対策方法の選択

会社契約での納税資金・分割資金作り(自己株式買い取り対策)

相続財産に自己株式が多い・評価額が高い・相続人が複数いる場合

※平成13年10月の金庫株解禁により、会社の自己株式買い取りが容易になりました。

このページのトップへ

個人契約での納税資金・分割資金作り

相続財産に不動産が多い・相続人が複数いる場合

個人契約での財産減らしと納税資金対策

現金・預金がある場合は、財産移転対策を活用

このページのトップへ

個人契約での生命保険の権利評価を活用した対策

被相続人が生命保険に加入できない場合の対策

個人契約での二次相続対策

配偶者の相続対策

経営者の相続対策は会社での対策と、個人での対策の二つに分けられます。
どちらを使うか、あるいは両方かは財産の種類や相続人の数により異なります。
上手に生命保険を活用してよりベターな対策を準備しましょう!

このページのトップへ