本文へジャンプ

相続対策

相続対策には生命保険が一番

遺産分割対策家族・兄弟同士の遺産争いは醜いもの。
生命保険を使うことによって、円満な遺産分割を行うことが出来ます。
納税資産対策 納税資金はなかなか事前に準備できません。
生命保険で相続の発生と同時に即現金(保険金)を用意出来ます。
財産減らし対策 保険料贈与 保険料を相続人に贈与することによって、財産を減らしながら、相続対策資金の準備が出来ます。
権利の評価 生命保険を使うことによって、財産の評価を下げることが出来ます。
二次相続対策 生命保険を使うことによって、二次相続の納税・分割・財産評価減対策も出来ます。

生命保険を活用した相続対策 1

遺産分割対策

生命保険を使って円満な遺産分割を行うことが出来ます。

契約形態

契約者被保険者死亡保険金受取人税 金
被相続人被保険者後継者以外の相続人相続税

具体的な内容

このページのトップへ

生命保険を活用した相続対策 2

相続税の納税資金対策

契約形態

契約者被保険者死亡保険金受取人税 金
被相続人被保険者相続人 相続税

※相続人の受け取った保険金のうち法定相続人1人につき500万円までは課税されません。

納税資金確保には3つの加入方法があります
保険金で課税されない部分が欲しい
非課税枠(500万円×法定相続人)までの保険金に加入する
納税資金の一部を準備したい
相続税額から手持ちの現金・預金を差し引いた残額を保険金とします
財産を丸々残したい
かかってくる相続税分(保険金も相続財産のため、その分も考慮した)の保険金に加入する

生命保険を活用した相続対策(参考)

―「相続型」と「所得型」どちらが有利か個々で判断 ―

相続型

契約者被保険者死亡保険金受取人税 金
被相続人被相続人 相続人 相続税

一時所得型

契約者被保険者死亡保険金受取人税 金
相続人 被相続人 相続人 所得税

このページのトップへ