本文へジャンプ

法人保険

リスクの対策には、生命保険をうまく使いましょう

生命保険を上手に活用するためには、次の3つのポイントが重要です。

1.保険加入の目的は明確ですか? 2.目的に合った保険金額ですか? 3.目的に合った保険商品ですか?

この3つのポイントを押さえていないと、無駄な保険料を支払うことになってしまいます。

まず会社の加入目的から考えていきましょう

経営者が会社契約で保険に加入する目的は大きく分けて、次の2つが考えられます。

  • 事業保全資金
    事業保全資金とは、経営者に万一の場合、
    会社の将来を守る資金のことです。
  • 役員退職金・慰労金
    役員退職金・弔慰金は、経営者の老後や
    遺族の生活を守るための資金となります。

このページのトップへ

会社での保険金額はいくら必要なのでしょうか

事業保全資金の目安は、次の算式で求められます。

[短期借入金買掛金など] + [従業員の年間給与総額]

役員退職金の適正額を求める代表的な算式です。

[役員最終報酬月額] × [役員在任年数] × [功績倍率]

経営者のリスク対策のための生命保険はまず、『どんな目的で?』『いくら必要か?』『どの保険商品が適切か?』を、知っておくことが大切です!

このページのトップへ